Volumeメッシュを座標領域を指定して表示する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/10/26 2015/11/3
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5
カテゴリー Mesh→Visual→Inside
GUI NO
TUI Draw <scheme> all with <x_coodinate > 0>
キーワード メッシュ,内部,表示,領域,座標,範囲
Key Word Mesh,Inside,Draw,Coordinate,Range

Volumeメッシュを座標領域を指定して表示する方法(Draw-Range)について

Trelisで作成されたVolumeメッシュを座標領域を指定して表示することができます.形状の内部領域を指定することで断面形状を確認することが出来ます.Command Lineのみで動作可能になります.MeshDrawに関してはMeshの形状タイプ(Hexa Tetra Wedge Pyramid)をそれぞれ指定することになります.座標領域はwithコマンドで指定します.

Fig 1 Toggle Clipping Planeツールでの内部メッシュの表示

142

作業内容 (Command Line)

1. Command LineDraw [Mesh type] all with [coordinate]と入力してください.

➢ draw hex all with x_coord > 0

2. 領域はandで拡張することができます.

➢ draw hex all with x_coord > -3 and x_coord < 3

3. 他のメッシュタイプを追加したい場合はaddコマンドで記述してください.

➢ draw pyramid all with x_coord > -3 and x_coord < 3 add

3. 他の座標と組み合わせたい場合はaddコマンドで記述してください.

➢ draw hex all with x_coord > 0 and y_coord < 0

(ジャーナル)Volumeメッシュを座標領域を指定して表示する方法(Draw-Range)
reset
##
brick x 10
webcut body all with plane zplane offset -2 merge
webcut body all with plane zplane offset 2 merge
mesh Body 2
Volume 3 scheme tetmesh
mesh volume 3
mesh Volume 1
## x_coord > 0
draw hex all with x_coord > 0
draw pyramid all with x_coord > 0 add
draw tet all with x_coord > 0 add
draw wedge all with x_coord > 0 add
## 0 < x_coord < 3
draw hex all with x_coord > -3 and x_coord < 3
draw pyramid all with x_coord > -3 and x_coord < 3 add
draw tet all with x_coord > -3 and x_coord < 3 add
draw wedge all with x_coord > -3 and x_coord < 3 add
## 0 < x_coord and y_coord <0
draw hex all with x_coord > 0 and y_coord < 0
draw pyramid all with x_coord > 0 and y_coord < 0 add
draw tet all with x_coord > 0 and y_coord < 0 add
draw wedge all with x_coord > 0 and y_coord < 0 add
カテゴリー: Mesh パーマリンク