作成したEntityの名前を省略形式で利用する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/11/10 2015/11/10
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5,15.1.6
カテゴリー Operation → Entity → Name
GUI name with “<$>*”
TUI name with “<$>*”
キーワード エンティティ,名前,省略形式
Key Word Entity,Name,Wildcard

作成したEntityの名前を省略形式で利用する方法について(Entity-Wildcard-Name

Trelisでは作成したEntityBodyVolumeSurfaceCurveVertex)の名前について省略形式で利用することができます.省略形式では指定したEntityは先頭から一致する名前は全て選択されます.省略名称は‘Name*’および“Name*”*前の文字の共通名のEntityが全て選択されます.これによって共通名のEntityを名前で一括で選択することができます.選択形式はname with “Name*”のようにします.

Fig 1 Entityの省略形式名の利用

156

作業内容

1. Brickを作成してください.

br x 10

2. 作成されたVolume 1“Cube”に変更してください.

volume 1 name “Cube”

3. XYZ面でWebcutしてください.

webcut volume 1 xplane

webcut volume 1 2 yplane

webcut volume 1 2 3 4 zplane

4. 先頭からCubeになるボリューム名を選択してメッシュを作成します.

mesh volume with name ‘Cube*’

(ジャーナル)作成したEntityの名前を省略形式で利用する方法(Entity-Wildcard-Name)
reset
br x 10
volume 1 name “Cube”
webcut volume 1 xplane
webcut volume 1 2 yplane
webcut volume 1 2 3 4 zplane
label volume name
mesh volume with name ‘Cube*’
カテゴリー: Operation パーマリンク