分割した複数のEntityを自動で関連した名前にする方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/11/10 2015/11/10
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5,15.1.6
カテゴリー Operation → Entity → Name
GUI NO
TUI NO
キーワード エンティティ,名前,分割,関連
Key Word Entity,Name,Webcut,Split,Propagation

分割した複数のEntityを自動で関連した名前にする方法について(Entity-Propagation-Name

TrelisEntityBodyVolumeSurface)等をWebcutおよびSplitする場合に元のEntityと関連した名前を付けたい場合があります.分割後にrenameすれば関連れば可能ですが,分割数が多い場合など作業が大変になることもあります.Trelisは分割前に名前をつけておくと自動的に関連名(Name@AName@B等)が割り当てられますのでパーツの属性を名前で維持したい場合に有利となります.

Fig 1 Entityの分割による関連名

155

作業内容

1. Brickを作成してください.

br x 10

2. 作成されたVolume 1“Cube”に変更してください.

volume 1 name “Cube”

3. XYZ面でWebcutしてください.

webcut volume 1 xplane

webcut volume 1 2 yplane

webcut volume 1 2 3 4 zplane

4. VolumeLabelを確認するとボリューム名がCubeCube@AGになっていることが確認できます.

label volume name

(ジャーナル)分割した複数のEntityを自動で関連した名前にする方法(Entity-Propagation-Name)
reset
br x 10
volume 1 name “Cube”
webcut volume 1 xplane
webcut volume 1 2 yplane
webcut volume 1 2 3 4 zplane
label volume name
カテゴリー: Operation パーマリンク