Trelisのコマンドパネルのボタン構成と主な機能

カテゴリー

作成日/修正日 2015/10/20 2015/11/3
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5
カテゴリー Operation→Basic→GUI→Command Panel
GUI Command Panel
TUI NO
キーワード コマンドパネル,構成,機能
Key Word Command,Panel,Distribution,Function

Trelisのコマンドパネルのボタン構成と主な機能について(Command-Panel

TrelisCommandパネルのボタン構成と主な機能について説明します.Command PanelTrelisでの作業の殆どを作業項目ごとに階層構造でボタン化したものです.最上部では形状関連(Geometry)メッシュ関連(Meshing),エンティティーのまとめ及び物性値関連(Material Property),構造解析境界関連(FEA BC),流体解析境界関連(CFDBC)の5個に分かれています.それぞれのボタンには下位階層としてEntityVolumeSurfaceなど)があり,さらにAction(作成,修正等)があります.実際の作業はこれらの階層ボタンを選択して適応した項目を選んでいくことになります.

第一階層の項目 Mode

1. Geometry

形状の作成や修正に関する項目

2. Meshing

メッシュ作成・修正および関連のコマンド

3. Material Property

NodesetSidesetBlockの設定及び物性値の設定

4. FEA BC

構造解析用の境界条件設定

5. CFD BC

流体解析用の境界条件設定

Fig 1 Command Panelのボタン構成

第二階層の項目 Entity

形状に関するEntityVolumeSurfaceCurveVertex)等に関する選択

Fig 2 Entityボタン選択項目

第三階層の項目Action

作成,修正等のアクションに関する項目について選択します.

カテゴリー: Operation パーマリンク