スムージング機能でSurfaceメッシュ品質を向上させる方法

カテゴリー

作成日/修正日 2016/6/6 2016/6/6
対応Trelisバージョン 15.0.0 → 16.0.2
カテゴリー Geometry→ Surface → Modify
GUI Mesh→Surface→Smoothing→Centroid Area
TUI surface <id>s smooth scheme centroid area pull
キーワード メッシュ,スムージング,面積
Key Word Mesh,Smoothing,Centroid Area

スムージング機能でSurfaceメッシュ品質を向上させる方法(Mesh-Smoothing-Centroid-Area)

Trelisには作成したメッシュの品質を向上させるMesh Smoothing機能があります.Surface Meshに対して各要素間の面積が等しくなる方向に修正する機能(Centroid Area)について説明します.このスムージングは三角形要素および四角形要素について利用できます.また,境界領域を含めて修正するオプションが用意されています.

Fig 1 Centroid Areaによるメッシュのスムージング

作業内容

1. Mesh→Surface→Smoothing→Centroid Areaを選択します.

Mesh→Surface→Smoothing→Centroid Area

2. Mesh SmoothingしたいSurface IDを選択します.

Surface ID(s) [ 3 ]

3. スムージングする範囲を境界を含める場合はInclude Boundary Nordにチェックをいれます.

Include Boundary Nord [Check]

Apply

Fig 2 Centroid Areaによるメッシュのスムージング設定

(ジャーナル)スムージング機能でSurfaceメッシュ品質を向上させる方法(Mesh-Smoothing-Centroid-Area)
reset
create surface rectangle width 10 zplane
create surface circle radius 3 zplane
subtract body 2 from body 1
webcut body 1 with plane xplane offset 0
webcut body 3 1 with plane yplane offset 0
delete surface 6 7 9
surface 8 size 0.5
surface 8 scheme submap
mesh surface 8
hardcopy ‘before_smoothing.png’ png
#
surface 8 smooth scheme centroid area pull free
smooth surface 8
hardcopy ‘after_smoothing.png’ png

補足

Centroid Areaは各ノードをエリア面積重心の方向へシフトすることによって要素間の面積差をなくすスムージング方法となります.

Fig 3 Centroid Areaの基本概念

カテゴリー: Surface パーマリンク