2点のNodeをマージして一致させる方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/11/5 2015/11/5
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5
カテゴリー Mesh → Node → Modify
GUI Mesh →Node → Merge Node
TUI merge node <id> <id>
キーワード ノード,マージ,一致,消去
Key Word Node,Merge,Delete

2点のNodeをマージして一致させる方法についてMerge-Node

Trelis2点のNodeをマージさせて一致させる方法について説明します.Merge Node2点のNodeを一致させる機能です.1番目に指定した片方のNodeを消去して2番目のNodeにメッシュが整合するように繋げられます.従って2点のNodeの指定の順番に注意が必要です.メッシュタイプはTriQuadHexaWedgePyramidで利用可能です.メッシュは自動で接続関係の整合性がとれるよに修正されますが,目視で確認してください.特にHexa Mesh等距離が広い場合にメッシュが潰れる場合があります.この機能に関してはVersion 15.1.5現在,,開発モード(開発段階の機能およびユーザーが取り扱いに注意が必要な機能等)でのみ作動しますのCommand Line“set developer on”と入力して下さい.

Fig 1 Merge NodeによるNodeの消去

148

作業内容

1. Merge Nodeを使うために開発モードにします.開発モードはCommand Line“set developer on”と入力して下さい

set developer on

2. 開発モードになるとCommand PanelMerge Node のボタンがアクティブになります.

Merge Nodeのボタンを押して選択してください.

➢Mesh →Node → Merge Node

3. マージしたい2点のNode IDを入力します.消去したい方のNode ID1に選んでください.

Node 1 ID [21]

➢Node 1 ID [17]

4. ApplyNodeのマージが実行されます.修正されたメッシュは目視で確認するか品質チェックをするようにしてください.

Fig 2 Merge Nodeの設定方法

(ジャーナル)2点のNodeをマージして一致させる方法(Merge-Node)
reset
create surface rectangle width 1 zplane
curve 1 interval 3
curve 1 scheme dualbias factor 0.5 0.5
curve 2 interval 3
curve 2 scheme dualbias factor 0.5 0.7
curve 3 interval 4
curve 3 scheme dualbias factor 0.5 0.5
curve 4 interval 4
curve 4 scheme dualbias factor 0.5 0.7
surface 1 scheme pave
surface 1 scheme pave
mesh surface 1
set developer on
merge node 21 17
カテゴリー: Node パーマリンク