Curve上に両端の初期長さと拡大率を指定してNodeを作成する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/9/15 2015/11/4
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5
カテゴリー Mesh→Curve→Create
GUI Mesh→Curves→Attribute→bias→First Size & Bias→Dual Bias
TUI curve <id> scheme dualbias fine size <#> factor <#>
キーワード メッシュ,ノード,拡大率,初期長さ,両端
Key Word Mesh,Node,bias,size,Dual

Curve上に両端の初期長さと拡大率を指定してNodeを作成する方法についてNode-Size-Dual-Bias

TrelisCurve上に両端共通の初期長さと拡大率を指定してメッシュNodeを作成することができます.両端の初期長さは共通でNode位置までの距離を指定します.拡大率をbiasで指定します.bias1より大きい場合は拡大となり,1より小さい場合は縮小となります. 全てのノードに対する拡大率を優先して決めているため指定した初期長さは若干変わることがあります.また拡大率が1より小さい縮小の場合は比率によってはノード数が大きくなりすぎて作成されないことがありますので,初期長さと拡大率を調整してください.

Fig 1. 両端の初期長さと拡大率を指定してNodeを作成例

80

作業内容

1. Command Panelより,MeshAttributeからbiasFirst Size & Biasを選択してDual Biasにチェックを入れます.

➢ Mesh→Curves→Attribute→bias→First Size & Bias→Dual Bias

2. 作成したいCurveを選択します.

➢ Select Curves [1]

3. 初期長さを指定します.それぞれ共通でCurveの両端からの距離になります.

➢ First Size [0.5]

4. 拡大率を指定します.

➢ Bias Factor [1.4]

5. Apply Size で設定が記憶されます.メッシュ生成時にこの設定が指定されます.

➢ Apply Size

6. MeshCurveメッシュが作成されます.

➢ Mesh

Fig 2. 両端の初期長さと拡大率を指定してNodeを作成設定

(ジャーナル)Curve上に両端の初期長さと拡大率を指定してNodeを作成する方法(Node-Size-Dual-Bias)
reset
##
create vertex 0 0 0
create vertex 3 1 0
create vertex 7 -0.2 0
create vertex 10 0 0
##
create curve spline vertex 1 2 3 4
delete vertex 2 3
##
curve 1 scheme dualbias fine size 0.5 factor 1.4
mesh curve 1
カテゴリー: Curve パーマリンク