ジャーナルファイルでLoopステートメントを使う方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/9/30 2015/11/4
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5
カテゴリー Journal→Statement→Loop
GUI NO
TUI {Loop(Control)},{EndLoop}
キーワード ジャーナル,ファイル,繰り返し文
Key Word Journal,File,Loop,statement

ジャーナルファイルでLoopステートメントを使う方法についてJournal-Loop

TrelisのジャーナルファイルでLoopステートメント(繰り返し文)を使う方法ついて説明します.Loop Statementは同じ操作が繰り返し行われる場合に利用すると便利な機能です.{Loop(Control)}{EndLoop}の間に記述されたコマンドをControlの数だけ繰り返し実行します.例題として円柱N等分された円の位置に配列するプログラムを記述します.

Fig 1. Loop Statementで配置された円周上の円柱

97

作業内容

1. Loopステートメントの繰り返し回数num=8を定義します.

#{num = 8}

2. Loopステートメント内の増加変数iを定義します.

#{i = 1}

3.Loopステートメントを開始します.

#{Loop(num)}

4.半径1高さ1の円柱を作成します.

create cylinder height 1 radius 1

5.円柱をX軸方向に5移動します.Volume idについても変数として取り扱えます.

move volume {i} x 5

6.円柱を回転させます.{}内の文字変数は全て定義変数として取り扱われます.

rotate volume {i} angle {(360*i-1)/num} about z include_merged

7.変数i1増加させます.

#{i++}

8.Loopステートメントを終了します.

#{EndLoop}

(ジャーナル)ジャーナルファイルでLoopステートメントを使う方法(Journal-Loop)
(Journal-Statement-Loop.jou)
reset
##
#{num = 8}
#{i = 1}
#{Loop(num)}
create cylinder height 1 radius 1
move volume {i} x 5
rotate volume {i} angle {(360*i-1)/num} about z include_merged
#{i++}
#{EndLoop}
カテゴリー: Statement パーマリンク