ジャーナルファイルで組み込み数学関数を利用する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/10/1 2015/11/4
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5
カテゴリー Journal→Function→Mathematical
GUI NO
TUI function()
キーワード ジャーナル,ファイル,変数,数学,関数
Key Word Journal,File,Variables,Mathematical,Function

ジャーナルファイルで組み込み数学関数を利用する方法についてJournal-Mathematical

Trelisのジャーナルファイルでは数学関数が組み込まれています.この組み込み関数は{}内で記述することで利用できます.この組み込み関数利用する場合は必ず小文字で記載してください.大文字で記載するとErrorになります.大文字は組み込み定数に利用されます.

Fig 1. 数学関数で計算された値

作業内容

1. ユーザー変数を定義します.{}内に記述してください.組み込み数学関数を使用する場合は小文字で記載します.

#{x = sind(30)}

#{y = sin(d2r(30))}

#{z = sqrt(2)}

#{a = rand(-1,1)}

2. Comment <Variables>で変数値が表示されます.文字の表示は“”内に記載します.

(ジャーナル)ジャーナルファイルで組み込み数学関数を利用する方法(Journal-Mathematical)
reset
##
#{x = sind(30)}
#{y = sin(d2r(30))}
#{z = sqrt(2)}
#{a = rand(-1,1)}
Comment “x =” x “, y =” y “, z =” z “, a =” a “

組み込み数学関数一覧

カテゴリー: Function パーマリンク