Trelisの形状についての構成要素Entityの概念

カテゴリー

作成日/修正日 2015/10/21 2015/11/3
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5
カテゴリー Geometry→Identity→Entity
GUI Power Tool→Geometry Tree
TUI NO
キーワード 形状,構成要素
Key Word Geometry,Entity

Trelisの形状についての構成要素Entityの概念について(Geometry-Entity

Trelisの形状(Geometry)についての構成要素(Entity)の概念とタイプの割り当てについて説明します.Trelisの形状はVertexCurveSurfaceVolumeBodyという構成要素(Entity)で形成されています.これらには順位があり左から右にむかって高位になっています.これらのEntityには作成時にそれぞれID番号が割り当てられます.またSurfaceおよびVolume作成時には同時にBodyというEntityが割り当てられます.従ってSurfaceおよびVolumeを作成した場合はそれぞれのIDの他にBodyIDが割り当てられます.(これらのID番号は一致するとは限りません.Volumeと他のVolumeおよびSurfaceを合体させたものを一つのBodyとして定義することもできるからです.)VertexおよびCurveを単独で作成した場合はFree VertexおよびFree Curveとして取り扱われBodyは割り当てられません.

Fig 1 Geometryの構成要素Entityについて

136

Power ToolGeometry Treeで各Entityの構成をTree構造で確認することが出来ます.Volumeを作成した場合,SurfaceCurveVertexは下位のEntityになりますのでTreeに記述されます.(通常はパネルが閉じていますのでExtractでオープンして確認してください.)Surfaceを作成した場合のBody IDはここに記述されます.Volumeに対するBodyID番号はここには表示されませんので右クリックでList Geometry Informationで確認してください.

Fig 2 Geometry TreeでのEntity確認

(ジャーナル)Trelisの形状についての構成要素Entityの概念(Geometry-Entity)
reset
##
create vertex 0 0 0
create curve location 0.5 0 0 location 1.5 0 0
create surface rectangle width 1 zplane
move surface 1 x 2.5 include_merged
brick x 1
move volume 2 x 4 include_merged
カテゴリー: Geometry パーマリンク