Volumeの面を指定して他の面の重心に移動させる方法

カテゴリー

作成日/修正日 2016/6/4 2016/6/4
対応Trelisバージョン 15.0.1 → 16.0.2
カテゴリー Geometry→ Surface → Transform
GUI Geometry→Surface→Transform→Align (Surface)
TUI align volume <id> surface <id> with surface <id>
キーワード ボリュームの移動,面の一致
Key Word Transform,Volume,Align,Surface

Volumeの面を指定して他の面の重心に移動させる方法について(Volume-Align-surface)

TrelisVolumeを他の面の重心位置に合わせるように移動させる機能(Align)について説明します.移動させたいVolumeの合わせる面と移動先の面を指定することで,自動的に並行移動および回転移動を計算して移動させることが出来ます.合わせる面はそれぞれの重心が一致するように移動します.また面の方向ベクトルが反転するように移動します.面の方向を一致させるように移動したい場合はReveresのオプションをオンにしてください.

Fig 1 Align Surface)によるVolumeの移動

作業内容

1. Geometry→Surface→Transform→Align を選択します.

Geometry→Surface→Transform→Align

2. 移動させたいvolumeIDを選択します.

Volume Id(s) [ 2 ]

3. 面を合わせるオプションにチェックをいれます.

Surface with Surface [Check]

4. 移動させたいSurfaceIDを選択します.

Source Id [ 5]

5. 移動先のSurfaceIDを選択します.

Source Id [ 3]

6. 合わせる面の方向を逆転させたい場合はReverseにチェックをいれます.通常は面ベクトルが反対向きに合わさります.

Apply

Fig 2 Align Surface)によるVolumeの移動設定

(ジャーナル)Volumeの面を指定して他の面の重心に移動させる方法(Volume-Align-surface)
reset
create cylinder height 2 radius 1.5
create frustum height 2 radius 1 top 0
rotate volume 2 angle 30 about x include_merged
move volume 2 y -3 include_merged
#
draw direction on surface 3
draw direction on surface 5
align volume 2 surface 5 with surface 3 include_merged 
カテゴリー: Volume パーマリンク