軸上の2点の位置と半径を指定する円錐曲面で立体形状を分割する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/10/9 2015/11/4
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4
カテゴリー Geometry→Volume→Modify
GUI Geometry→Volume→Webcutting→Cone
TUI webcut body <id> with cone radius <#> <#> location <# # #> location <# # #>
キーワード 立体,分割,曲面,円錐,2点
Key Word Geometry,Webcut,Surface,Cone,2Points

軸上の2点の位置と半径を指定する円錐曲面で立体形状を分割する方法についてWebcut-Cone

Trelisでは立体形状を軸上の2点の位置と半径を指定する円錐曲面でBodyをカットする機能(Webcut)があります.指定はカットしたいBodyID番号と円錐(Cone)の軸を決める2点のそれぞれの位置差表(x y z)と半径(r)なります.カットされた円錐の内外部に接続関係はありませんので,必要に応じてMergeしてください.

Fig 1 立体形状を円錐面でカットする例

118

作業内容

1. Command PanelGeometry→Volume→WebcuttingConeを選択します.

➢ Geometry→Volume→Webcutting→Cone

2.カットしたいBodyIDを入力します.

➢ Body ID(s) [1]

3.カットしたい円錐の軸上の2点のそれぞれの半径と位置座標を入力します.

➢ Radius 1 [3]

➢ Radius 2 [2]

➢ Location 1 [-2 -5 1]

➢ Location 2 [2 6 -1]

4. Previewでカットする円筒が確認できます.画面表示をもとに戻すときはF5キーを押します.

➢ Preview

5. Applyで立体の分割が実行されます.

➢ Apply

Fig 2立体形状を円錐面でカットする設定

(ジャーナル)軸上の2点の位置と半径を指定する円錐曲面で立体形状を分割する方法(Webcut-Cone)
reset
##
brick x 10
webcut body 1 with cone radius 3 2 location -2 -5 1 location 2 6 -1
カテゴリー: Volume パーマリンク