立体形状を指定面に接続するように変形する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/9/6 2015/11/4
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5
カテゴリー Geometry→Surface→Modify
GUI Geometry→Surfaces→Modify→Tweak→Target Surface
TUI tweak surface <id> target surface <id>
キーワード 接続,面,変形
Key Word Tweak,Surface,Connection

立体形状を指定面に接続するように変形する方法について(Tweak-Target-Surface

立体形状を変形させて指定面に自動接続することが出来ます.この方法は接続させたい面を変形させることで,変形させる立体のSurfaceの一つと,接続させたい面を指定すれば自動的に接続形状に変形します.変形させたい形状は接続面の内外どちらでも接続することが出来ます.立体の接続に置いて接続関係に小さなギャップがある場合などの場合に有効に活用出来ます.

Fig 1. 接続面の外部にある場合

37

Fig 2. 接続面の内部にある場合

37-2

作業内容

1. Command Panelより,TweakTarget Surfaceを選択します.

➢ Geometry→Surfaces→Modify→Tweak→Target Surface

2. 接続させる面(Tweak Surface)を選択します.

➢ Surface ID(s) [11]

3. 接続させたい面(Target Surface)を選択します.

➢ Target Surface ID(s) [6]

4. プレビューで接続関係を確認します.(プレビューを解除するにはF5キーを押してください.

➢ Preview

➢ Apply

Fig 3. SurfaceTweak設定

(ジャーナル)立体形状を指定面に接続するように変形する方法(Tweak-Target-Surface)
(接続面の外部にある場合)
reset
##
brick x 1 y 6 z 2
brick x 1 y 3 z 1
rotate volume 2 angle 45 about z include_merged
move volume 2 x 2.5 y -1 include_merged
##
tweak surface 11 target surface 6
(ジャーナル)立体形状を指定面に接続するように変形する方法(Tweak-Target-Surface)
(接続面の内部にある場合)
reset
##
brick x 1 y 6 z 2
brick x 1 y 3 z 1
rotate volume 2 angle 45 about z include_merged
move volume 2 x 1 y -1 include_merged
##
tweak surface 11 target surface 6
カテゴリー: Volume パーマリンク