立体の角部を丸面で面取りする方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/8/24 2015/11/4
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4
カテゴリー Geometry→Curve→Modify
GUI Geometry → Curves→ Modify Curves→Tweak→Fillet Radius
TUI tweak curve <id> fillet radius <#> <#>
キーワード 面取り,丸面,エッジ
Key Word Tweak,Fillet,edge,Radius,chamfer

立体の角部を丸面で面取りする方法について(Tweak-Fillet-Round

Trelisでは立体の角部(エッジ)について自動で面取りする機能があります,.ここでは丸面で面取りする方法について説明します,

作業内容

1.  Command Panelより次の操作を行って,CurvesTweak(修正)と面取りの方法をFillet Radius(丸面)選択をして下さい.

➢ Geometry → Curves→ Modify Curves→Tweak→Fillet Radius

2.  面取りしたい稜のCurveを選択して下さい,

➢ Select Surface ID (s) [12]

3.  円の半径を2つ選択してください,.ここでStart RadiusCurveの始点位置での円の半径,End RadiusCurveの終点の半径を意味します,

➢ Input Start Radius [1]

➢ Input End Radius [1]

 

➢ Apply

Fig 1 Fillet Radius 1 1のケース

14

Fig 2 Fillet Radius 1 2のケース

14-2

Fig 3 全面の面取り参考例

14-3

 

(ジャーナル)立体の角部を丸面で面取りする方法(Tweak-Fillet-Round)(Fig 2)
reset
##
brick x 5
#
tweak curve 12 fillet radius 1 2
(ジャーナル)立体の角部を丸面で面取りする方法(Tweak-Fillet-Round) (Fig 3)
reset
##
brick x 5
#
tweak curve all fillet radius 1 1
カテゴリー: Volume パーマリンク