Hexa Meshで歪み角度の悪い要素を自動修正する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2016/6/5 2016/6/5
対応Trelisバージョン 16.0.0 → 16.0.2
カテゴリー Geometry→ Surface → Create
GUI Mesh→Volume→Clean up hex element
TUI cleanup volume <id>s
キーワード 歪み角度,自動修正
Key Word Mesh,Skew,Clean up

Hexa Meshで歪み角度の悪い要素を自動修正する方法(Mesh-Clean-up-Hexa)

Trelisでバージョン16以降からHexa meshMesh要素の歪み角度が180度になるような悪い要素を自動修正する機能が加わりました.歪み度が指定値より大きい箇所を見つけて自動修正されます.(Mesh clean up hexahedral)この機能はHexahedral schemeのみ作用します.

Fig 1 歪んだメッシュの自動修正

作業内容

1. Mesh→Volume→Clean up hex elementを選択します.

Mesh→Volume→Clean up hex element

2. Clean upしたいVolume IDを選択します.

Volume ID(s) [ 1 ]

3. 許容歪み角度を指定します.この指定角度以上のメッシュが修正されます.Defaultでは150度に設定されています.

Angle Tolerance [150]

Apply

Fig 2 歪んだメッシュの自動修正設定

(ジャーナル)Hexa Meshで歪み角度の悪い要素を自動修正する方法(Mesh-Clean-up-Hexa)
reset
brick x 10
webcut body 1 with plane yplane offset 0 rotate 45 about z center 0 0 0
delete volume 2
split curve 14 fraction 0.8
split curve 4 fraction 0.5
create surface vertex 7 14 13
webcut body 1 with sheet extended from surface 13
delete volume 4
delete surface 13
composite create surface 14 15 keep angle 15
surface 17 vertex 13 14 1 2 type end
surface 17 size 2
surface 17 scheme map
volume 1 redistribute nodes off
volume 1 scheme sweep source surface 17 target surface 9 sweep transform least squares
volume 1 autosmooth target off
mesh volume 1
#
cleanup volume 1
カテゴリー: Volume パーマリンク