若干ずれた面を強制的に結合させる方法

カテゴリー

作成日/修正日 2016/2/26 2016/2/26
対応Trelisバージョン 15.0.1 → 15.2.0
カテゴリー Geometry→ Surface→ Modify
GUI Geometry→Surface→Merge
TUI merge surface <id>s force
キーワード 面,マージ,強制
Key Word Surface,Merge,Force

若干ずれた面を強制的に結合させる方法について(Surface-Merge-Force)

Trelisで面をマージさせる場合にCADデータからのインポート等によってマージさせたい面が若干ずれている場合があります.このような状況でずれている面同士を強制的に結合させることが出来ます.但しズレが大きすぎる場合などについては結合されない場合があります.この強制結合オプション(Force Merge)を利用する場合は結合後の形状に問題がないか等の注意が必要となります.

Fig 1 面の強制結合

作業内容

1. Geometry→Surface→Mergeを選択します.

Geometry→Surface→Merge

2. 共有化するSurfaceID番号を指定します.

Surface ID(s) [7 12]

3. Force Mergeのオプションをチェックします.

Check [Force Merge]

Apply

Fig 2 共有面の強制結合する設定

(ジャーナル)若干ずれた面を強制的に結合させる方法(Surface-Merge-Force)
reset
brick x 1
webcut body 1 with plane xplane offset 0
move volume 1 x 0.01 include_merged
merge surface 7 12 force
find overlap
カテゴリー: Surface パーマリンク