複数のCurveをRealに繋げる方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/9/5 2015/11/4
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5
カテゴリー Geometry→Curve→Create
GUI Geometry→Curves→Create→Combine
TUI create curve combine curve <ids> delete
キーワード 結合,繋げる,カーブ,直線
Key Word Regularize,Combine

複数のCurveRealに繋げる方法についてCurve-Combine

Trelisで幾つかのCurveRealに繋げて一つのCurveにする方法としてCombineが利用できます.ただしCombineは繋げたCurveを新規作成しますのでConnectivity等はなくなります.また平面上の辺で分割されたCurveRegularizeで繋げることができます.Regularizeの機能は,不要なエンティティ(VertexCurveSurface)を取り除き,シンプルな形状に戻すことにあります. また繋げるCurveは折れ目等がなく直線,円,楕円等の基本形状に属している必要があります.

作業内容(CombineによるCurveの接続)

Fig 1 CurveCombine

30

1. CurveCombineを選択します.

Geometry→Curves→Combine

2. 結合するCurveを選択します..

➢ Select Curve ID(s) [1 2 3]

3. 基のCurveを削除する設定にします.ここでチェックをしない場合は元のCurvesが残ることになります.

➢ Check Delete Internal Vertexes

➢ Apply

Fig 2 CurvesCombine設定

(ジャーナル)複数のCurveをRealに繋げる方法について(Curve-Combine)
(CombineによるCurveの接続)
reset
##
create vertex -2 0 0
create vertex -1 0 0
create vertex 0 0 0
create vertex 1 0 0
##
create curve vertex 1 2
create curve vertex 2 3
create curve vertex 3 4
##
create curve combine curve 1 2 3 delete

作業内容(RegularizeによるCurvesの結合)

SurfaceにたいしてRegularizeを実行すると不要な分割がなくなり,シンプルな形状に変わります.(但し外形は維持したままです.)

Fig 3 RegularizeによるCurveの結合

30-2

1. SurfaceからRegularizeを選択します.

➢ Geometry→Surfaces→Modify→Regularize

2. Surfaceかを選択します.

➢ Surface ID(s) [1]

➢ Apply

Fig 4 Regularizeの設定

(ジャーナル)複数のCurveをRealに繋げる方法について(Curve-Combine)
(RegularizeによるCurveの結合)
reset
##
create surface rectangle width 2 height 1 zplane
split curve 2 fraction 0.5
split curve 1 fraction 0.5
split curve 8 fraction 0.5
##
regularize surface 1
カテゴリー: Curve パーマリンク