Bodyの共有面のカット及び接合を自動でする方法

カテゴリー

作成日/修正日 2016/2/26 2016/2/26
対応Trelisバージョン 15.0.1 → 15.2.0
カテゴリー Geometry→ Volume→ Modify
GUI Geometry→Volume→Imprint and Merge
TUI imprint body all,merge body all
キーワード 面,カット,共有化
Key Word Surface,Cut,Imprint,Merge

 Bodyの共有面のカット及び接合を自動でする方法

Trelisでは多数のBodyに対しての共有面についてカット及び接合を自動で実行する機能があります.(Imprint and Merge) ただし共通面は同一平面または曲面上にある必要があります.また全ての面に対して同時に実行することができます.共有している面がありかどうかはコマンドでfind overlapを実行することによって確認できます.

Fig 1 共有面の自動カット及び接合

作業内容

1. Geometry→Volume→Imprint and Mergeを選択します.

Geometry→Volume→Imprint and Merge

2. 共有化するBodyID番号を指定します.全てのBodyを選ぶ場合はallを入力します.

Body ID(s) [all]

Apply

Fig 2 共有面の自動カット及び接合する設定

(ジャーナル)Bodyの共有面のカット及び接合を自動でする方法(Imprint-and-Merge)
reset
brick x 4
create cylinder height 1 radius 1
move volume 2 z 2.5 include_merged
brick x 1 y 2 z 2
move volume 3 x 2.5 include_merged
imprint body all
merge body all
カテゴリー: Body パーマリンク