共有面がずれたBodyを誤差を指定して結合させる方法

カテゴリー

作成日/修正日 2016/2/27 2016/2/27
対応Trelisバージョン 15.0.1 → 15.2.0
カテゴリー Geometry→ Volume→ Modify
GUI Geometry→Volume→Imprint and Merge→Merge
TUI merge tolerance <#>
キーワード 結合,誤差,許容誤差
Key Word Body,Merge,Tolerance

共有面がずれたBodyを誤差を指定して結合させる方法について(Body-Merge-Tolerance)

Trelisは共有面がずれているBodyにたいして許容誤差をしていして,誤差内のズレを無視して結合させることが出来ます.Defaultではこの誤差は5E-04に設定されています.GUIではユーザーによって変更された許容誤差は実行後,自動的にDefault値に戻りますが,コマンドで使用する場合には必ずDefault値に戻しておいてください.Trelisを再スタートした場合はDefault値に戻ります.

Fig 1 許容誤差を指定してBodyを結合

作業内容

1. Geometry→Volume→Imprint and MergeMergeを選択します.

Geometry→Volume→Imprint and Merge→Merge

2. 結合させたいBodyID番号を指定します.

Body ID(s) [1 2]

3. Set Toleranceにチェックします.

Check [Set Tolerance]

4. Tolerance値を入力します.

Tolerance [0.06]

Apply

Fig 2 許容誤差を指定してBodyを結合設定

(ジャーナル)共有面がずれたBodyを誤差を指定して結合させる方法(Body-Merge-Tolerance)
reset
brick x 1
webcut body 1 with plane xplane offset 0
move volume 1 z -0.05 include_merged
volume 2 size auto factor 5
mesh volume 2
#
merge tolerance 0.06
merge volume 1 2
merge tolerance 0.0005
#
volume 1 size auto factor 5
mesh volume 1
カテゴリー: Body パーマリンク