半径を指定して正四面体を作成する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/9/12 2015/11/4
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5
カテゴリー Geometry→Surface→Create
GUI Geometry→Volumes→Create→Pyramid
TUI create pyramid height <#> sides 3 radius <#> top 0
キーワード 正四面体
Key Word Tetrahedron,Radius

半径を指定して正四面体を作成する方法についてVolume-Tetrahedron

Trelisで半径aを指定して球に内接する正四面体Tetrahedron Volumeを作成する方法について説明します. 正四面体を作成するにはPyramidの作成ツールを利用します. 指定パラメータは半径aと高さ(√2)aとなります.

Fig 1. 半径aの球に内接する正四面体形状作成例

61

作業内容

1. Command Panelより,VolumeCreateからPyramidを選択してます.

➢ Geometry→Volumes→Create→Pyramid

2. 高さ(√2)aを入力します.

➢ Height [1,41421356]

3. 底面の変の数を3で入力します.

➢ Number of sides [3]

4. 頂点の半径を0とします.

➢ Top of radius [0]

5. 面の形状タイプをCircularに選択します.

➢ Check [Circular]

6. 半径の長さaを入力します.

➢ Radius [1]

7. Applyで正四面体(Tetrahedron)が作成されます.

➢ Apply

Fig2. 半径aの球に内接する正四面体形状作成設定

(ジャーナル)半径を指定して正四面体を作成する方法(Volume-Tetrahedron)
reset
##
create pyramid height 1.41421356 sides 3 radius 1 top 0
カテゴリー: Volume パーマリンク