面の方向と反対方向に押し出してVolumeを作成する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2016/12/2 2016/12/2
対応Trelisバージョン 15.0.0 → 16.0.3
カテゴリー Geometry→ Volume → Create
GUI Geometry→ Volume → Create →Sweep
TUI sweep surface <id>s perpendicular distance <#> switchside
キーワード 面,押し出し,法線,反転
Key Word Volume,Create,Surface,Sweep,Reverse

面の方向と反対方向に押し出してVolumeを作成する方法について(Sweep-Surface-Perpendicular-Reverse

Trelisで面の法線ベクトルと反対方向に距離を指定して押し出してVolumeを作成する方法について説明します.押し出す方向については面ベクトル(Normal)の反対方向になります.指定は押し出す(Sweep)する距離となります.

Fig 1 面の反対方向に押し出してVolumeを作成

作業内容

1. Volumeの作成で面の押し出し(Sweep)を選択します.

Geometry→ Volume → Create →Sweep

2. 押し出す面を指定します.

Surface ID(s) [1]

3. 押し出す方向を面の法線に選びます.

Perpendicular [select]

4. 押し出す距離を指定します.

Distance [1]

5. 面の方向と反対に押し出すオプションをオンにします.

Reverse[Check]

6. 基の面を削除するオプションをオンにします.

Delete Source Surfaces [Check]

Apply

Fig 2 面の反対方向に押し出してVolumeを作成する設定

(ジャーナル)面の方向と反対方向に押し出してVolumeを作成する方法(Sweep-Surface-Perpendicular-Reverse)
reset
create surface circle radius 1 zplane
draw direction on surface 1
from 10 10 10
sweep surface 1 perpendicular distance 1 switchside
カテゴリー: Volume パーマリンク