螺旋形状のVolumeを作成する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2016/10/10 2016/10/10
対応Trelisバージョン 15.0.0 → 16.0.3
カテゴリー Geometry→ Create→ Volume
GUI Geometry→ Create → Volume→Sweep
TUI sweep surface <#>helix 
キーワード 押し出し,螺旋
Key Word Crate,Volume,Sweep,Helix,

螺旋形状のVolumeを作成する方法について(Sweep-Surface-Helix)

Trelisで螺旋形状のVolumeを作成する方法について説明します.螺旋は基本面(Surface)を押し出す(Sweep)方法で作成します.螺旋はOptionでHelixを指定します.パラメータ指定として螺旋の回転軸,一周(360度)する高さ,回転角度を指定します.(回転角度によって全体の高さは異なります)

Fig 1 Sweepによる螺旋形状の作成.

作業内容

1. Command Panelより次の操作を行ってVolume作成のSweepを変更します.

Geometry→ Volume→ Create→Sweep

2.押し出たいSurfaceのIDを選択します.

Curve ID(s) [1]

3.Sweepの方法として螺旋(Helix)を選択します.

Helix [select]

4. 螺旋が一周(360度)する高さを指定します.(全体の高さとは異なります)

Helix Height [8]

5. 螺旋の回転角をしていします.(この回転角で全体の高さは決まります)

Rotation Angle [360]

6. 回転軸の方向を指定します.(ここではY座標軸)

Y-Axis [Select]

6. 回転方向を指定します.(ここでは右回転)

Right-Handed [Select]

Apply

Fig 2 Sweepによる螺旋形状の作成設定

(ジャーナル)螺旋形状のVolumeを作成する方法(Sweep-Surface-Helix)
reset
graphics axis axis on
create surface rectangle width 1 zplane
move surface 1 x 5 include_merged
sweep surface 1 helix yaxis thread_distance 8 angle {1*360} right_handed
from 100 100 100
カテゴリー: Volume パーマリンク