長軸と短軸の半径を指定して楕円Surfaceを作成する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/9/10 2015/11/4
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5
カテゴリー Geometry→Surface→Create
GUI Geometry→Surfaces→Create→Ellipse→Radius
TUI create surface ellipse major radius <#> minor radius <#> zplane
キーワード 楕円,長軸,短軸
Key Word Surface,Ellipse,Major,Minor,Normal

長軸と短軸の半径を指定して楕円Surfaceを作成する方法についてSurface-Ellipse

Trelisで長軸と短軸の半径を指定して楕円の作成方法について説明します. 指定パラメータは長軸(Major),短軸(Minor)と面の方向ベクトルになります.中心は座標原点に作成されます.Z軸方向を面のNormal方向に設定した場合,長軸(Major)はX軸方向,短軸(Minor)はY軸方向となります.

Fig 1. 長軸と短軸の半径を指定した楕円の作成例

55

作業内容

1. Command Panelより,SurfaceCreateからCircleEllipseを選択してRadiusにチェックをいれます.

➢ Geometry→Surfaces→Create→Ellipse→Radius

2. 長軸(Major)の半径を指定します.(NormalZplaneの場合はX軸方向になります.)

➢ Major Radius [2]

3. 短軸(Minor)の半径を指定します.(NormalZplaneの場合はy軸方向になります.)

➢ Minor Radius [1]

4. Applyで楕円が作成されます.

➢ Apply

Fig2. 長軸と短軸の半径を指定した楕円の作成設定

(ジャーナル)長軸と短軸の半径を指定して楕円Surfaceを作成する方法(Surface-Ellipse)
reset
##
create surface ellipse major radius 2 minor radius 1 zplane
カテゴリー: Surface パーマリンク