Viewカメラの位置を座標値で設定する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2016/3/30 2016/3/30
対応Trelisバージョン 15.0.1 → 16.0.0
カテゴリー Display → View → Camera
GUI NO
TUI At <#,#,#> From <#,#,#> Up<#,#,#>
キーワード ビュー,カメラ,視点,位置
Key Word View,Camera,Point

Viewカメラの位置を座標値で設定する方法(View-Camera-Coordinate)

TrelisViewを変更するためのカメラの位置を座標値で設定する方法について説明します.カメラの位置を設定するには(at,fromup)に関する座標値を指定します.atは焦点の位置を示す座標値で,fromは見る方向ベクトルを決めるための位置座標,upは画面の上部の方向を示す方向ベクトルを意味します.視点(Camera)はatからfromを結ぶ延長上にあり距離は形状全体が描写されるように自動的に設定されます.この操作はTUI(コマンド)のみによって設定できます.

Fig 1Viewカメラの位置設定

作業内容

カメラの設定位置を次のように設定します

1. 焦を示す位置座標at.ここでは物体の中心(005)に指定.

at 0 0 5

2. 画面の上部方向を示す方向ベクトルup.ここではZ軸方法(001

up 0 0 1

3.見る方向ベクトルを決めるための位置座標from,ここでは(1000)視点(カメラ)の位置はatからfromを結ぶ直線の延長上に設定されます.距離は形状全体が見えるように自動調整されます.

from 100 0 0

(ジャーナル)Viewカメラの位置を設定する方法(View-Camera)
reset
create frustum height 10 radius 2 top 0
move volume 1 z 5 include_merged
create sphere radius 1
move volume 2 z 10 include_merged
#
create cylinder height 6 radius 0.5
rotate volume 3 angle 90 about x include_merged
move volume 3 z 5 include_merged
#
from 100 0 0
at 0 0 5
up 0 0 1
#
from 10 0 0
at 0 0 5
up 0 0 1
#
from 5 0 0
at 0 0 5
up 0 0 1
#
カテゴリー: View パーマリンク