形状の表示タイプを変更する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/10/30 2015/10/30
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5
カテゴリー Display → Geometry → Graphic Mode
GUI Toolbar →Graphic Mode
TUI Graphics Mode <$>
キーワード 形状,表示,モード,ワイヤーフレーム,シェード
Key Word Geometry,Display,Graphic,Mode,Wireframe,Shade

形状の表示タイプを変更する方法(Graphic-Mode)について

Trelisで形状の表示タイプを変更する方法(Graphic-Mode)について説明します.形状の表示タイプはWireframe(外郭線)とShade(色塗り)があります.Wireframeには隠線表示,隠線透過,隠線非表示の3タイプがあり,Shade には透過,非透過の2種類が用意されています.Graphic Modeを変えるにはTool BarDisplay Toolの各ボタンをクリックするかCommand Lineに各Commandを入力してください.

Fig 1 Graphic-Mode

146

作業内容

1. 形状表示(Display Geometry.ToolbarDisplay Geometryをクリックするか,Command LineGeometry visibility ONと入力してください.

Fig 2 Display Geometry

146-2

2. 外郭線(Wireframe)表示.

2-1. 隠線表示(WireframeToolbarWire Frameをクリックするか,Command LineGraphics Mode Wireframeと入力してください.

2-2. 隠線透過(True Hidden LineToolbarTrue Hidden Lineをクリックするか,Command LineGraphics Mode TrueHiddenLineと入力してください.

2-3. 隠線非表示(Hidden lineToolbarHidden lineをクリックするか,Command LineGraphics Mode Hiddenlineと入力してください.

Fig 3 外郭線(Wireframe

146-3

3. 色塗り表示(Shaded

3-1. 透過(Transparent ShadedToolbarTransparent Modeをクリックするか,Command LineGraphics Mode Transparentと入力してください.

3-2. 非透過(SmoothshadeToolbarShaded Modeをクリックするか,Command LineGraphics Mode Smoothshadeと入力してください.

Fig 4色塗り表示(Shaded

146-4

(ジャーナル)形状の表示タイプを変更する方法(Graphic-Mode)
reset
brick x 1
Geometry visibility ON
Graphics Mode Wireframe
Graphics Mode TrueHiddenLine
Graphics Mode Hiddenline
Graphics Mode Transparent
Graphics Mode Smoothshade
カテゴリー: Geometry パーマリンク