座標値,長さ,面積,体積の表示桁数を変更する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/11/23 2015/11/23
対応Cubitバージョン 15.0.1 → 15.2.0
カテゴリー Display → Set → Digit
GUI NO
TUI Set Digits <#>
キーワード 表示,桁
Key Word Digit,Set

座標値,長さ,面積,体積の表示桁数を変更する方法について(Set-Digits

Trelisで座標値,長さ,面積,体積の表示桁数を変更する方法について説明します.Default では7桁の数字が表示されますが,15桁まで変更することが出来ます.利用方法はCommand Lind Set Digit <#>と入力することで変更できます.桁は115桁まで指定できます.15桁以上指定した場合は15桁に設定されます.桁数を確認するにはList Digitsで確認出来ます.元に戻すにはSet Digits -1に指定します.この機能はcommand Lineのみで実行できます.

Fig 1 座標値の桁数の変更

作業内容

1. Command Lineから表示桁数を15に変更して下さい.

set digits 15

2. Vertex 2の座標を確認して下さい.(Fig1

list vertex 2 geometry

3. Curve 1の長さを確認して下さい.

list curve 1 geometry

Fig 2 Curveの長さの確認

4. Surface 5の面積を確認して下さい.

list surface 5 geometry

Fig 3 Surfaceの面積の確認

5. Volume 1の体積を確認して下さい.

list volume 1 geometry

Fig 4 Volumeの体積の確認

 

6. 現在の表示桁数を確認します.

list digits

Fig 5 表示桁数の確認

7. 表示桁数をDefaultに戻します.

set digits -1

(ジャーナル)座標値,長さ,面積,体積の表示桁数を変更する方法(Set-Digits)
reset
##
brick x 1.23456789012345
move volume 1 x 0.617283945061725 y 0.617283945061725 z 0.617283945061725 include_merged
##
set digits 15
list vertex 2 geometry
list curve 1 geometry
list surface 5 geometry
list volume 1 geometry
list digits
set digits -1
カテゴリー: Digit パーマリンク