Fluent境界条件でZoneをFluidとSolidに分けて出力する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/10/27 2015/11/3
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5
カテゴリー BC→Block→Media
GUI CFD BC →Create Media→CFD Media
TUI create media name “Name” solid
キーワード 流体,境界,ゾーンタイプ
Key Word CFD,Media,Fluid,Solid,Boundary

Fluent境界条件でZoneFluidSolidに分けて出力する方法(Media)について

TrelisFluent境界条件でZoneFluidSolidに分けて出力する方法(Media)について説明します.方法としては初めに各Volumeに対してBlockを定義します.次に,CFDMediaで名前とタイプ(fluidSolid)を定義します.最後に作成されたCFD MediaをそれぞれのBlockに割り当てます.

Fig 1 CFD MediaBlockへの割り当て

143

作業内容

1. Blockを作成します.Command PanelBlockの作成を選択してください.

➢ Group →Block→Manage→Add

2. Block ID 1を入力して下さい.

➢ Block ID [1]

3. Volumeにチェックを入れてIDを入力してください.

➢ Volume [Check]

➢ Volume ID (s) [2]

➢ Apply

4. 同様にBlock 2を作成します.

➢ Block ID [2]

➢ Volume [Check]

➢ Volume ID (s) [3]

➢ Apply

Fig 2 Blockの作成

5. CFD Mediaを作成します.Command PanelCFD BCsからMediaを作成します.

➢ CFD BC →Create Media→CFD Media

6. Nameにチェックを入れて名前を入力します.

➢ Name [Check]

➢ Name [My_Fluid]

7. Media タイプを選択します.

➢ Fluid [Select]

➢ Apply

8. 同様にSolidを作成します.

➢ Name [My_Solid]

➢ Solid [Select]

➢ Apply

Fig 3 CFD Mediaの作成

9. 作成された各MediaをそれぞれBlockに割り当てます.Mediaの割り当て(Assign Media to Block )を選択します.

➢ Group →Block→Manage→Assign Media to Block

10. Block IDを入力します.

➢ Block ID (s) [1]

11. 作成したMedia名を選択します.

➢ My_Fluid [Select]

➢ Apply

12. 同様にSolidBlock2に割り当てます.

➢ Block ID (s) [2]

➢  My_Solid [Select]

➢ Apply

Fig 4 CFD MediaBlockへの割り当て

13. Fluent MeshExportします.

Fig 5 Fluent MeshExport

14. Fluent Cell Zoneを確認します.

Fig 6 Fluent Cell Zone

143-2

(ジャーナル)Fluent境界条件でZoneをFluidとSolidに分けて出力する方法(CFD-Media)
reset
##
brick x 4 y 4 z 10
create cylinder height 10 radius 1
subtract body 2 from body 1 keep
delete volume 1
merge volume all
volume 2 3 size auto factor 5
mesh volume 2 3
##
set duplicate block elements off
block 1 volume 2
set duplicate block elements off
block 2 volume 3
##
create media name “My_Fluid” fluid
create media name “My_Solid” solid
##
block 1 media “My_Fluid”
block 2 media “My_Solid”
カテゴリー: Volume パーマリンク