FLUENT形式の出力でZoneの名前を変更する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/8/26 2015/11/4
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4
カテゴリー BC→Block→Name
GUI Power Tool→Blocks
TUI block <id> name “$$$”
キーワード ブロック,セル,ゾーン、名前
Key Word Block,Cell.Zone、Name

FLUENT形式の出力でZoneの名前を変更する方法について(Block-Name)

TrelisFluent形式のメッシュを出力する場合,各ゾーンについてユーザーが任意の名前を設定することが出来ます。ゾーンの名前はTrelisBlockに対応しています。このBlockの名称を変更すると対応するゾーンの名前が変更されます。

作業内容

Power Toolで設定したBlocks内のBlockをマウスでクリックして文字の入力モードにします。(Blockでマウス右クリックRenameでも同様なります。)任意の名前を入力してEnterを押して下さい。Default設定のままメッシュをExportすると各Blockに対応するゾーンの名前はFulid__0Fulid__1Fulid__3、、、となります。BlockFluid-AFluid-BFluid-CFluid-Dに変更する参考例を記載します。

Fig 1 Block名の書き換え

Fig 2 Fluentのゾーン名

18

(ジャーナル)FLUENT形式の出力でZoneの名前を変更する方法(Block-Name)
reset
##
brick x 10
##
webcut volume all with plane xplane offset 0
webcut volume all with plane yplane offset 0
webcut volume all with plane zplane offset 0
##
merge all
mesh vol all
##
set duplicate block elements off
block 1 volume 1 2
set duplicate block elements off
block 2 volume 3 4
set duplicate block elements off
block 3 volume 5 6
set duplicate block elements off
block 4 volume 7 8
#
export fluent “default.msh” overwrite everything
#
block 1 name “Fluid-A”
block 2 name “Fluid-B”
block 3 name “Fluid-C”
block 4 name “Fluid-D”
#
export fluent “zone-name.msh” overwrite everything
カテゴリー: Volume パーマリンク