分割されたsurfaceをまとめて一つの流体境界条件として設定する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/10/7 2015/11/4
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4
カテゴリー CFD BCs→Create→Boundary Condition
GUI CFD BCs→Create→Velocity Inlet
TUI create cfd_bc name “$” velocityinlet on surface <id>s
キーワード 境界条件,分割,設定,流体
Key Word Boundary Condition,Surface,CFD

分割されたSurfaceをまとめて一つの流体境界条件として設定する方法についてCFD-BCs

Trelisで分割されたSurfaceをまとめて一つの流体境界条件として設定する方法について説明します.Trelisで境界条件の各面を設定する場合はSidesetという情報にまとめられます.ただし流体境界条件設定で幾つかのSurfaceをまとめて境界設定すると自動的にSidesetの面情報として作成されます.境界面をまとめても各ブロックの情報が独立している場合には流体ソフト側での読み込み時に面情報が分割されてしまうことがあります.この場合は各VolumeBlockとしてまとめるか,メッシュの出力時にブロックをまとめるオプション(consolidate)にチェックを入れてください.ここでは円管の出入り口にVelocity InletPressure Outletを設定する例題で説明します.

Fig 1 円管の出入り口に境界条件を設定する例

113

作業内容

ここでは円管の入り口にMy_Inletという名前のVelocity Inletと出口にMy_outletのいうPressure Outletを設定例で説明します

1. CFD BCsCreateをクリックしてVelocity Inletを選択します.

➢ CFD BCs→Create→Velocity Inlet

2.Namecheckを入れて名前(My_Inlet)を入力します.

➢ Name [Check]

➢ Name [My_Inlet]

3. Surface ID(s)CheckしてSurfaceの面IDを入力します.

➢ Surface ID(s) [check]

➢ Surface ID(s) [20 14 26 28]

4. ApplyInletが設定されます.

➢ Apply

5. CFD BCsCreateをクリックしてPressure Outletを選択します.

➢ CFD BCs→Create→Pressure Outlet

6.Namecheckを入れて名前(My_Outlet)を入力します.

➢ Name [Check]

➢ Name [My_Outlet]

7. Surface ID(s)CheckしてSurfaceの面IDを入力します.

➢ Surface ID(s) [check]

➢ Surface ID(s) [18 16 24 30]

8. ApplyOutletが設定されます.

➢ Apply

Fig 2円管の出入り口に境界条件の設定

9. 境界面が設定されるとSidesetが作成されます.SidesetPower Toolに表示されていますので2個追加されていることを確認してくささい.このSideset 1Sideset 2をマウスでクリックすると設定した面がWindow Panelの形状でハイライトしますので確認出来ます.

Fig 3 Sideset情報の確認

113-2

10.作成したメッシュをFluent形式でExportします.TypeFluentに設定してファイル名を入力してOKを押してください.サブパネルが開きますのでここでConsolidate BlocksCheckを入れてください.Finishを押すとメッシュがExportされます.

Fig 4 Fluent MeshへのExport

10. ExportしたメッシュでConsolidateオプションの設定のon offの相違が確認出来ます.

Fig 5 Fluentでの境界情報

(ジャーナル)分割されたsurfaceをまとめて一つの流体境界条件として設定する方法(CFD-BCs)
reset
##
create cylinder height 10 radius 1
webcut body 1 with plane xplane offset 0 merge
webcut body 1 2 with plane yplane offset 0 merge
volume 1 2 3 4 scheme auto
mesh volume 1 2 3 4
##
create cfd_bc name “My_Inlet” velocityinlet on surface 20 14 26 28
create cfd_bc name “My_Outlet” pressureoutlet on surface 18 16 24 30
##
export fluent “Fluent_My_BC.msh” overwrite everything consolidate
カテゴリー: Surface パーマリンク