原点を中心に半径と面方向を指定して円Surfaceを作成する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/9/10 2015/11/4
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4,15.1.5
カテゴリー Geometry→Surface→Create
GUI Geometry→Surfaces→Create→Circle→Radius
TUI create surface circle radius <#> zplane
キーワード 座標値,節点
Key Word Vertex,Coordinate

原点を中心に半径と面方向を指定して円Surfaceを作成する方法についてCircle-Radius-Normal

Trelisで原点を中心に半径と面方向を指定して円Surfaceを作成する方法を説明します. 任意の場所と向きに作成する場合は一度,原点と座標軸の向きに作成してから移動及び回転をして下さい.

Fig 1. 半径を指定して円を作成例

52

作業内容

1. Command Panelより,Surfacesの作成からCircleを選択してRadiusにチェックます.

➢ Geometry→Surfaces→Circle→Radius

2. 半径の値を入力します.

➢ Radius [1]

3. 面の向きを指定します.XPlaneYplaneZplaneはそれぞれ座標軸のXYZに相当します.

➢ Check [Zplane]

4. Applyを押してSurfaceを作成します.

➢ Apply

Fig2. 半径を指定して円を作成設定

(ジャーナル)原点を中心に半径と面方向を指定して円Surfaceを作成する方法(Circle-Radius-Normal)
reset
##
create surface circle radius 1 zplane
##
graphics axis axis on
draw direction on surface 1
カテゴリー: Surface パーマリンク