立体形状の互いに重なる面をInterface境界として設定する方法

カテゴリー

作成日/修正日 2015/10/8 2015/11/4
対応Cubitバージョン 15.0.1, 15.0.4, 15.1.2,15.1.4
カテゴリー Geometry→Volume→Modify
GUI CFD BCs→Create→Interface
TUI create cfd_bc name “$” interface on sideset <id>
キーワード 流体,境界条件,重複面,インターフェース
Key Word CFD,BC,Overlap,Interface

立体形状の互いに重なる面をInterface境界として設定する方法についてCFD-BCs-Interface

Trelisで立体形状の互いに重なる面をInterface境界として設定する方法について説明します.それぞれの面に対して異なるInterface境界を定義します.設定方法は片方ずつInterface境界でまとめられる面について定義していきます.したがってSidesetID=1ID=2の二つが作成されることになります.ここでは対応面がそれぞれ4分割された面と3分割された面について,異なるInterfaceを設定する方法について説明します.またCFDBC設定で各Interfaceに対してSurfaceをまとめて定義する方法と,(Sidesetは自動作成される.)先にSidesetを定義して面情報を設定後に各Sidesetに対して境界条件設定する方法についてそれぞれ説明します.

Fig 1 interface境界の設定例

114

作業内容 Blockの定義)

最初にZone分けするためにBlockを定義します.

1. Command PanelGroup→Blocks→ManageAddを選択します.

➢ Group→Blocks→Manage→Add

2. BlockIDを入力します.

➢ Block ID [1]

3. BlockEntityとしてVolumeCheckをいれてVolume ID(s)を選択します.ここではX+方向の4分割されているVolumeを選びます.

➢ Volume [check]

➢ Volume ID(s) [4 1 5 3]

➢ Apply

3.同様にX方向の3分割されているVolumeを選びます.

➢ Block ID [2]

➢ Volume [check]

➢ Volume ID(s) [7 6 2]

➢ Apply

4.Power ToolBlocksBlock 1Block 2が作成されていることを確認します.Block1Block2をマウスでクリックすると設定されたBlockがハイライトするので確認できます.

Fig 2 Blockの設定例

作業内容 (各Interfaceに対してSurfaceをまとめて定義する方法)

ここでは複数のSurfaceを指定して直接Interface境界を設定します.Sidesetは自動作成されます.

5. Command PanelCFD BCs→Createで境界条件としてInterfaceを選択します.

➢ CFD BCs→Create→Interface

6. NameCheckを入れて名前を入力します.

➢ Name [Check}

➢ Name [My_interface1}

7. Surface ID(s)CheckしてBlock1に属する接合面のSurface IDを入力します.

➢ Surface ID(s) [Check]

➢ Surface ID(s) [35 43 41 29]

➢ Apply

8. 同様にMy_interface2を定義します.

Name [Check}

➢ Name [My_interface2}

➢ Surface ID(s) [Check]

➢ Surface ID(s) [65 59 50]

➢ Apply

9. Power ToolSideset 1Sideset2が作成されていることを確認します.

Fig 3 CFD BCInterfaceを設定

10. File Export Fluent Meshでメッシュを出力します.

Fig 4 FluentでのInterfaceの確認

114-2

(ジャーナル)立体形状の互いに重なる面をInterface境界として設定する方法(CFD-BCs-Interface)
(各Interfaceに対してSurfaceをまとめて定義する方法)
reset
##
brick x 10
webcut body 1 with plane xplane offset 0
webcut body 1 with plane zplane offset 0 merge
webcut body 1 3 with plane yplane offset 0 merge
webcut body 2 with plane yplane offset -2.5 merge
webcut body 6 with plane yplane offset 2.5 merge
volume 1 3 4 5 size 1
volume 4 5 1 3 scheme auto
mesh volume 4 5 1 3
volume 7 6 2 size 0.5
volume 7 6 2 scheme auto
mesh volume 7 6 2
##
set duplicate block elements off
block 1 volume 4 1 5 3
set duplicate block elements off
block 2 volume 7 6 2
create cfd_bc name “My_Interface1” interface on surface 35 43 41 29
create cfd_bc name “My_Interface2” interface on surface 65 59 50
##
export fluent “Fluent_My_Interface.msh” overwrite everything

作業内容 (定義したSidesetInterface境界を設定)

ここでは複数面に対してSidesetを先に作成してから各Sideset IDに対して個別の境界条件を設定する方法について説明します.1-4まではBlockの定義同様です.

5. Command PanelGroup→Sideset→ManageAddを選択します.

➢ Group→Sideset→Manage→Add

6. SidesetIDを入力します.

➢ Sideset ID [1]

7. SurfaceCheckを入れてまとめたいsurface ID番号を入力します.

➢ Surface [Check}

➢ ID(s) [35 43 41 29}

➢ Apply

8. 同様にSidesetID=2を作成します.

➢ Sideset ID [2]

➢ Surface [Check}

➢ ID(s) [65 59 50]

➢ Apply

 

Fig 5複数面をまとめてSidesetを作成

8. Sidesetに対してそれぞれ境界条件Interfaceを設定します.

➢ CFD BCs→Create→Interface

➢ Name [Check]

➢ Name [My_interfae1]

➢ Sideset ID [Check]

➢ Sideset ID [1]

➢ Apply

➢ Name [My_interfae2]

➢ Sideset ID [2]

➢ Apply

Fig 6 Sidesetに境界条件を設定

9. 設定した境界条件はCFD BCs→Listで確認出来ます.詳細はCommand Lineに記載されます.

➢ CFD BCs→List

➢ BC ID(s)/Name [all]

(ジャーナル)立体形状の互いに重なる面をInterface境界として設定する方法(CFD-BCs-Interface)
(定義したSidesetにInterface境界を設定)
reset
##
brick x 10
webcut body 1 with plane xplane offset 0
webcut body 1 with plane zplane offset 0 merge
webcut body 1 3 with plane yplane offset 0 merge
webcut body 2 with plane yplane offset -2.5 merge
webcut body 6 with plane yplane offset 2.5 merge
volume 1 3 4 5 size 1
volume 4 5 1 3 scheme auto
mesh volume 4 5 1 3
volume 7 6 2 size 0.5
volume 7 6 2 scheme auto
mesh volume 7 6 2
##
set duplicate block elements off
block 1 volume 4 1 5 3
set duplicate block elements off
block 2 volume 7 6 2
##
sideset 1 surface 35 43 41 29
sideset 2 surface 65 59 50
create cfd_bc name “My_Interface1” interface on sideset 1
create cfd_bc name “My_Interface2” interface on sideset 2
##
list cfd_bc all
##
export fluent “Fluent_My_Interface2.msh” overwrite everything
カテゴリー: Surface パーマリンク